一般動詞はbe動詞以外の動詞です。
study(勉強する)、eat(食べる)、write(書く)などが一般動詞です。
ここでは一般動詞の文法の説明に入る前に必要な知識を学びましょう。


人称
一般動詞を使うには「人称」を知っておく必要があります。
人称には1人称、2人称、3人称があります。また、これらの人称にはそれぞれ単数と複数があります。
一般動詞では特に「3人称単数の主語」が重要になります。
英文法:一般動詞(人称)
上の黒板のように1人称の主語はIとWe、2人称の主語はYouです。
よって主語がI、We、You以外なら3人称です。
HeやShe、It、mother、Dogなどが3人称単数です。



一般動詞を使った文の場合わけ
一般動詞を使った文は条件により次の3つのケースに分けられ、形が変わります。
英文法:一般動詞(場合わけ)
※条件が重なった場合はケース3が最優先です。

この場合わけを頭に入れたら一般動詞まとめ(肯定文)に進みましょう!