先日行われた12月の「みやぎ模試」の図形問題について生徒より質問がありました。

基準面積から図形の面積を求める
問題文は割愛します。
△DCFの面積が4のとき、△ABCの面積を求めなさいというもの。


押さえておくポイント
AD:DC=1:2 、BE=CFより
BE:EC:CF=1:2:1


着目点
△DCFと△ABCの底辺と高さに注目しよう。

底辺はCF:BC=1:3だから3倍
高さはDC:AC=2:3だから3/2倍(2分の3 倍)
よって、求める面積は 基準面積×底辺の比×高さの比より
基準面積から図形の面積を求める




このての問題は入試にも頻繁に出題されているので、しっかり考え方を理解しよう。