下図はドイツの心理学者の発表した忘却曲線のイメージです。
彼は無意味な音節を記憶し、時間と共にどれだけ忘れるかを数値化しました。

人って恐ろしい速さで忘れていくのですね。1日で半分忘れちゃうんですね。

人は忘れる動物(忘却曲線)
実はこのデータは無意味な音節を覚えた時の記憶のデータなので、もしこれが意味のあるものだったら違うデータになるでしょうね。
例えばアニメキャラとか、1日で50%も忘れないよね。

また、この学者は一度覚えたものを再度覚えるには、1回目より短時間ですみ、何度も繰り返すことで覚える時間は短時間になっていくとも言っています。


まとめると
1.覚えたつもりでも、けっこう忘れてる。
2.興味を持ったほうが暗記は容易。
3.一度目の学習より二度目以降の学習の方が簡単。
4.反復することで記憶が定着。



さあ、まもなく入試本番!
学習したことをしっかり身に付け、学力テストに臨もう!