先日は記憶についてのお話をし、復習・反復練習の必要性に触れました。

具体的にどうすれば?
と、思った生徒さんも沢山いると思いますので、具体例を載せようと思います。

具体例と言ってもあたりまえのことです。同じテキストを何回も繰り返しノートに解いて下さい。
それだけです。

反復練習の証。そして、成長の証。
▲こんな感じで正解・不正解の印をつけると成長度合いもわかります。この生徒の場合、×が○に変わったので成長したのが分かります。ちなみにオレンジの点は私が解説したことを表すマークです。


テキストに印し付けるの面倒なんて言わずに試してみてください。